◆令和6年度事業基本方針

<第64回通常総代会>



令和6年度は、パリオリンピック2024の開催、米大リーグ大谷選手などの活躍でスポーツ界も盛り上っており映像関連商品の売上増が期待できます、また脱炭素化社会の実現に向けての省エネ家電、太陽光発電や蓄電池などの環境対象商品も注目されていますので、組合としては、このような社会情勢の変化にすぐ対応できるよう、組合員には最新情報をいち早く伝えるために、随時メール・ホームページなどで情報提供していきます。
また組合組織を生かし組合員同士のコミュニケーション強化で組合の活性化を図っていきます。
そのためには、今期は全支部「支部会を開催する」ことを重点目標とし徹底推進していきます。
 現在、役員には理事会等で「委員会ごとでの検討会」「地域ごとの意見交換」の時間を増やし様々な観点から意見交換をして現在の「組合活動の課題・この課題の対策実践項目」などを決めて活動いただいています。「ひとりでは気づかないことに気づく」ことがたくさんあると思いますので、この活動は継続していきます。
上記活動項目に加え前年度同様、長期保証制度や業者重量物搬入・支部単位助け合い協業活動、組合員の福利厚生強化を図ってまいりますので今後ともご支援ご協力をお願い致します。

一人はみんな(静岡電機商業組合)のために、
みんな(静岡県電機商業組合)は一人のために

                      ———— これは世界の協同組合の合い言葉 ————

1.地域電器店の経営向上に関わる取組みと実践活動の推進
(1)新・生活様式に意識改革
(2)AI・IoT・創・蓄・省エネ機器への取組み強化と情報提供の推進
(3)新4K・8K衛星放送への対応と普及への取り組み
(4)SDGS持続可能な成長に向けて活動の実践
(5)家まるごと・困りごと相談・巡回への取組み強化
(6)高齢社会に対応する地域貢献活動の実施
(7)キャッシュレス時代に対応する情報提供並びに経営効率化の為の推進
(8)公的補助金の積極的活用
2.組織の充実強化と活路活性化に関する取り組み
(1)組織活性化の為の事業承継と協業化の推進
(2)スマートライフコンシェルジュ®講習会推進で知識武装
(3)法定団体としての存続・地位向上への取組みと実践
(4)委員会組織の活動強化と事業承継モデルの研究と推進
(5)現状認識の共有と未来に向けた改革、活力ある組織作りへ全員参画
(6)各種団体契約制度の活用で福利厚生の強化・促進内容の見直しと充実